第13回日本薬物動態学会ショートコース

テーマ

新・薬物動態学の黎明 -再生医療技術とのインターフェース-

会期

2019年12月9日(月) 9:30〜17:30

会場

つくば国際会議場 大ホール

ショートコース実行委員長

平林 英樹(武田薬品工業株式会社 薬物動態研究所)

ご 挨 拶

ショートコース参加費

  事前参加登録 当日参加登録
JSSX正会員/賛助会員 12,000円 17,000円
非会員(一般) 20,000円 25,000円
学生(学部・大学院生) 1,000円 3,000円
後援学会会員 12,000円 25,000円
  • 後援学会の会員の方は、事前参加登録に限り本会会員と同額で参加いただけます。
  • 年会とショートコースの両方に参加の場合、年会参加費が2割引きとなります(学生を除く)。ただし、同時に申し込みをした場合に限ります。
  • 事前参加登録ページよりお手続きください。

ショートコースプログラム

  • 9:00受付開始(つくば国際会議場 2F大ホール前)
  • 9:30開会挨拶 実行委員長 平林英樹(武田薬品工業株式会社)
  • 9:40-10:30セッション1(25分×2演題)
    iPS細胞技術を用いた創薬戦略:AMEDによる産官学連携の取り組み
  • 10:30-11:45セッション2(25分×3演題)
    再生医療技術と動態研究領域とのインターフェース
  • 11:45-12:00〈小休憩〉 15分
  • 12:00-13:00ランチョンセミナー
    LS1 PXBマウスおよびPXB-cellsを用いた薬剤安全性・薬物動態評価への応用
       会場:1F大会議室101  共催:株式会社フェニックスバイオ
    LS2 Flow cytometryを用いた細胞製品の体内動態研究
       会場:1F大会議室102  共催:日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
  • 13:00-13:10〈小休憩〉 10分
  • 13:10-14:00セッション3(25分×2演題)
    再生医療技術と毒性研究領域とのインターフェース
  • 14:00-14:45基調講演
    『再生医療に殺到する企業群とその成算』
    宮田 満(株式会社宮田総研/株式会社ヘルスケアイノベーション)
  • 14:45-15:00〈小休憩〉 15分
  • 15:00-17:00セッション4(20分1演題 + 25分 × 4演題)
    細胞製品の体内動態特性とその評価法:薬物動態研究者が貢献できる領域
  • 17:00-17:05第13回ショートコース 閉会挨拶
  • 17:05-17:20〈小休憩:年会参加者の入場〉
  • 17:20-17:30第34回つくば年会 開会挨拶 
    年会長 田端健司(アステラス製薬株式会社)
  • 17:30-18:30年会・ショートコース共同企画 特別招待講演
    『ヒューマン・オルガノイドで拓く未来創薬』
    武部 貴則(東京医科歯科大学 教授/シンシナティ小児病院オルガノイドセンター 副センター長)
  • 18:30-19:00日本薬物動態学会 会長講演
    山崎 浩史(昭和薬科大学)
  • 19:00-20:30Welcome Drink Party(参加者無料)  協賛:HAB研究機構

ランチョンセミナー

共催企業によるランチョンセミナーの開催を予定しております。詳細は決定次第、当ホームページでご案内いたします。

開催趣意書・協賛募集要項


開催趣意書・協賛募集要項ダウンロード

お問合せ

ショートコース事務局

〒251-8555 神奈川県藤沢市村岡東2-26-1
武田薬品工業株式会社 薬物動態研究所内
担当:知嵜郁美、平林英樹
TEL:0466-32-1319/FAX:0466-29-4411
E-mail:jssx_sc13@takeda.co.jp

運営事務局

〒104-8464 東京都中央区八重洲2-7-15
株式会社メディセオ 学会支援部
担当:三草康雄、露崎裕也
TEL:03-3517-5519/FAX:03-3517-5186
E-mail:007248mikusa@mediceo-gp.com